北斗市の四季

2016年10月に北斗市に引っ越し。ここでの生活やグルメなど紹介

意冨比(おおい)神社で大吉のおみくじを引きました。

昨日、神社へお参りに行ってきました。

大野町という北斗市のなかで2つ目に栄ている場所にある神社です。ここは意冨比(おおい)神社といいます。なんかグーグルマップでは(おおひ)になっていますがどちらがただしいの?

 

Wikipediaではこのように説明されている。

ここの神社には北海道から350年の古木として指定された保護樹木があります。意冨比神社(おおひ-、おおい-) 旧大日堂[9]。道南の北斗市にある神社。箱館戦争の激戦地として知られている。平安時代の康平三歳(1060年)の銘が入る鰐口を有する。明暦2年(1656年)に再建されたという記録はあるが、創建年代は不詳である。仮に1060年創建とすると、北海道最古の神社となる

この神社は箱館戦争の舞台のひとつ。関係のない村民らが犠牲になっていたようです。
箱館戦争と意冨比(おおい)神社の戦い
明治元年(1868年)旧10月20日

f:id:yoshida_blog:20170105002839j:plain

意冨比(おおい)神社

f:id:yoshida_blog:20170105000504j:plain

意富比神社の水松記念保護樹木

f:id:yoshida_blog:20170105000156j:plain

f:id:yoshida_blog:20170105000208j:plain

大野町には、江戸時代初期の頃から人々が住みはじめ、寛文9年(1669年)の頃、既に家が20件ほどあったとされています。このイチイはその頃植えられたもので、大野町の350年の歴史を物語る古木として指定されました。
昭和47年3月25日指定 北海道

 

 8月末にはこの神社の宵宮祭・本祭が行われるようです。また定期的に「手づくり市」という催し物も開催されているようです。

今日は参拝しおみくじを引きたら、大吉!はじめてかも??これは北斗市をブログしている僕へのご褒美??よーし頑張って書きますよー。

 

意富比神社の場所はこちら